晩秋の中川温排水の様子を視察!3時間の釣行結果②

ブラックバス

前回、
ノーフィッシュで終わった中川温排水

少し間を置いたら、禁断症状が出てきたので、再度挑んできました。
またしても、3時間の釣行。

ただし、
時合は前回の15~17時と違って、
22時~25時と夜中に突撃。
※トップ画像は昼ですが 笑

その様子を残しておきたいと思います。

平日水曜日の深夜。
自分1人かと思っていたら、
先行者が1名いらっしゃった。

私と同じモノ好きがいて、嬉しい 笑

今回の釣行も色々と勉強になった点がありました。

フィールドの別の姿

前回は、水位がほぼ満タンだったのですが、
今回は、かなり下限に近い。

普段見えない岩も見えて居たりして、地形の勉強になる。
このあたりは、バスが付きそうだなとか。

想像していたよりも、ずっと小石が続いてるんだなとか。

厚着の日と薄着の日を見たような感覚 笑

ベイトの動き

あと、
昼に比べて、イナッコが元気いっぱい。
優雅に泳ぎ回っている。

とてもバスに追われている気配を感じない。。。。

これ、釣れるのか??

いざ実釣

まずはスピナーベイトでサーチ。
水門横から、放射状にチェック。

うーん。反応がない。

続いて、岸際もチェック。
ノーバイト。

いくつかレンジを変えてみても、無反応。

いやな予感を感じる。

ワームをジグヘッドで投げたり、
バイブレーションを試したりしたが反応なし。

しかも、それらを水門近くでロスト。

どうやら、水門前にでかい石があるみたいですね。
その辺りから、ラインを大量に釣りました 笑

みなさん、かなりロストされてるポイントですね。

水位が低いから、余計に気づけました。

あれは、ボトムをズル引きすると100%ロストします。

昼間かなり気温が上がってせいか、
方々に散ってしまったのかもしれません。

もっと気温、水温が下がらないと、ここの良さは出てこないのかな。
もしくは、ここのもっとディーブな場所を探さないといけない。
水門近くより、本流近くを遠投でバイブレーションなのかなぁ。
と、想像ばかりが膨らみます。

またもや、残念、ノーフィッシュ。
もう少し粘りたかったですが、睡魔がやってきたので、
帰りの運転の体力を考慮して、納竿。

年内にあと一本、
40cmオーバーを釣りあげたい!!

17/11/29

スポンサーリンク