初めての船釣り。東京湾で春マゴチを狙う!

ソルトゲーム

スポンサーリンク

普段は陸っぱりアングラーとして活動している事もあり、
船釣りには興味があるものの、なかなか腰が重い日々を過ごしておりました。

いつもの同じ獲物を追ってるのもいいのだけれど、

たまには新しい風を入れる事で、自分の腕が伸びるだろうと、
学びを増やすという意味で、春の東京湾で船釣りを体験してきました。

 

今回は、
「東京湾で春のマゴチ狙い」

 

船釣りならでは?のバスでは味わえない
猛烈な引きを味わえたのと、

釣果を得るためのスキル
 ・沖釣りならではの合わせ
 ・そのための釣法
が新鮮でしたので、

その辺りの体験レポートをお届けします。

 

<マゴチとは>

今回の対象魚である「マゴチ」。

恥ずかしながら、今回狙いに行くまで知らなかった。。。

そして、画像検索してびっくり。

結構な味のある趣をしてらっしゃる。

 

パッと見、ハゼを馬鹿でかくしたようなイメージですよ。

頭はハゼなんかより、平ぺったいです。
スコップみたいな頭をしています。

 

水深30mくらいまでの砂泥底に生息しているそうで、
実際に今回の釣行でも、船頭さんの案内では概ね20〜25mの水深地点のポイントでした。

 

そんな水深の底に、お腹をぺったりつけてジッとしている魚だそうです。
底生魚って呼ばれるそうな。

 

背や腹は褐色ですが、お腹は白い色をしています。
砂泥と同じ色をして、擬態してるんですって。

 

食性は肉食で、エビ類や小型のハゼやキスなどを捕食しているそうで、
今回の釣り餌には、活車海老を使いました。

 

食用の旬は夏との事で、
今回は旬の手前の時期という事で、偵察がてらの釣行と相成りました。

<使用タックルの紹介>

普段、バスやトラウトと戦っているだけあって、
船釣り用のタックルなんて持ち合わせている訳もなく。。。

今回は、
船宿さんのご用意に甘えて、レンタルタックルでの釣行。

使用竿
・1.8mくらい
リール
・ベイトリール
仕掛け
・道糸 PE
・リーダー ナイロン
・仕掛けは、市販のもの

・活車海老
・一尾100円

<釣り方>

生態で紹介しましたが、底でジッとしている魚ですので、
基本的には、仕掛けの長さ分、タナを切って待ちます。

具体的には、
・オモリが着底する
・仕掛けの長さ分、巻き上げる
・車海老のみが、底を張っている状態
を作ります。

オモリを着底させたまま(ベタ底)だと、
・船が流れている中なので、仕掛けが底を引きずってしまい
・横並びの人たちと、お祭り状態になりやすくなるので、
注意が必要です。

まぁ、ラインが太めなので、すぐに解けますが。

潮の流れで、船が動き常にタナが変わっていくので、
2、3分おきにタナを切り直す作業をひたすらやっていきます。

手元に時計を置いておくと、便利ですよ。

そうこうしていると、、、

竿先にピクピクっと当たりの気配。
ただ焦りは禁物です。

どうやらマゴチは、車海老を尻尾から捕食するそうで、

針は頭部に打ち込んでいるので、全て食べてくれないと、
針に掛からないのですね。

竿の胴まで思いっきり引かれて、ようやく合わせに行きます。

いや、むしろ「むこうあわせ」で大丈夫です。

釣果に焦っての、早合わせは厳禁です!!
これは確実にバレてしまいます。

しっかり食ってから、巻き上げ開始です。

スポンサーリンク


<利用した船宿>

今回は、木場にある「深川 吉野屋」さんにお世話になりました。

駐車スペースもあるので、車でも安心です。

サイトにも記載がありますが、
マゴチを狙う場合、

出船7時 帰港16時 で、
男性9,500円
女性・高校生:7,500円
中学生以下:5,000円
という料金体系になっています。

個人的に、船釣りってもっと値段が張ると思っていただけに、
時間当たり1,000円で楽しめるって考えると、全然アリだなっという結論です。

 

釣り場に着くのに、片道1時間は掛かりますけど、
それも楽しみだと感じられる心の余裕も欲しいですね♬

 

<釣果>

まずは7時に出航です。
初めての船に心が躍ります。

木場の水路を抜けて、
いよいよ東京湾を外に向けて船を滑らせていきます。

 

1時間ほどして、釣り場に到着。
横浜付近で釣り開始。

その日の潮回りを見て、
合計で10箇所ほどのポイントを移動しながらの釣りになります。

 

おそらく、遠いポイントだと、
三浦半島の先くらいまで行っていたと思います。

 

で、肝心の釣果ですが、
私はなんとか2尾をゲット!!

5名で行きましたが、
総勢で7尾のマゴチをゲットしました。

 

当日は、潮回りが良くなかったらしく、
思ったより釣果が伸びませんでしたが、タイミングが合うと釣果が期待できるんだとか。

 

<まとめ>

船釣り初体験で貴重な高級魚を釣り上げての帰港。
気持ちがいいものです。

他の釣り船も次々と戻ってきており、
タチウオ船も釣果が上々だったようで、大物を仕留めていました!

次は、
タチウオジギングに挑戦しようかなとも思ったり。

船宿の大将に「神経〆」をレクチャしてもらい、
祝杯の準備も万端です 笑

こういった普段と違う体験をすると、
釣りが一段と楽しくなるものですね。

 

この獲物たちは、
この後、持ち込み居酒屋で美味しい食事に変身しました。

 

その様子は、別記事で紹介していますので、よかったらどうぞ!

では、
Good Fishiing!!

スポンサーリンク