メバリングを東京湾で楽しむ! おすすめ湾奥ポイント紹介!

メバル

誰が言い出したか知らないけれど、
東京湾の釣り場ポイントを調べていると、【湾奥】という言葉がよくでてきますね。

どこから【湾奥】なんじゃない!!
って疑問が湧きますが、今回ご紹介するのは、奥の奥でございます。

湾奥の利点はなんといっても
・近い
・安全
・夜景が美しい
の三拍子が揃っていることです。

シティアングラーで良かった!!

舞台は、高層タワマンがそびえ立つ 豊洲

 

豊洲!?

そう、豊洲でメバルが上がるんですよ!
水上バスも出ていますし、公園として整備されているので、足場は超良好です。

なにより、
タワーマンションや湾岸設備の夜景を眺めながらの釣りは、最高に気持ちいいです!

ポイント:がすてなーに前

ららぽーとから豊洲公園を抜けていくと、カマボコのような形をした建物があります。
そこが「がすてなーに」という、東京ガスが運営する見学施設です。

その「がすてなーに」のちょうど正面が全面ポイントになります。
全長300メートルほどありますので、ランガンしながら探っていく釣りになります

足場

公園になってるので、コンクリートブロックです
足場は良好ですね

照明

常夜灯が数メートルおきに立ってるので、明るいです
ライン結束もなんなくできますが、ヘッドライトはあったほうがいいですね

雰囲気

真横にはららぽーともあるし、公園でもあるので、
シーズン中は、釣り人もそこそこいます
安心して釣りができると思いますよ

狙い方

基本は、端から端までランガンして探っていくと説明しましたが、
使用するリグと、岸からの距離、狙う水深のパターンは状況に応じて、順番にテストして、
その日にあった効率的な釣り方をしていく必要があります。

スポンサーリンク


 

時間帯

メバルは夜行性なので、狙うなら夕マズメか朝マズメになります。
いちおう昼夜問わず釣れますが、ポイント的に公園ということもあるので、
日中は避けた方がいいですね

アクセス

豊洲のららぽーと至近ですので、車でも電車でもアクセス可能です。
電車の場合は、終電から始発で3.5時間の勝負ができます。

付近にコンビニがなく、屋内で休憩できる施設はないので、
真冬の釣行では、防寒をしっかりしてくださいね。

私はいつも、近くのコインパーキングに車を止めて、そこから徒歩でアクセスしています
※駐車場からポイントまで、徒歩5分です
※22時以降は、1時間100円です

実際の釣果情報は、別記事でUPしていきますので、
そちらものぞいてみてくださいね!

グッドフィッシング!!

 

スポンサーリンク
■【先行特典】【テンプレ式】即効FBアフィリ塾