メバリングに必須のジグヘッド! 根魚玉!!

ジグヘッド

メバルシーズンに備えて、道具を補充している中で、
お勧めのアイテムをご紹介します。

近くの店舗に置いてなさすぎるので、
思わずネットでポチり。

ネットでも在庫切れが目立つので、
見つけたら入手しておくことをお勧めします。

今日は、
issei海太郎さんの根魚玉のご紹介です。

 

根がかり回避の秘密

◆8面体ボディ

メッキ処理を施したボディでアピールするっていうのもあるのですが、
ポイントは底面がフラット形状になっているってこと。

例えば、傾斜になっている捨石の上にリグがいたとしても、
丸形状ではないので、コロコロと転がっていき辛い。

仮に転がってしまうと、
岩場にハマって根がかり必至というわけですね。

細かい配慮が素敵です。


 ↑机に置いた様子。 底面のフラット計上でしっかり立ってますね


 ↑手間の根魚玉を倒した様子。 フラット形状が確認できますね

 

◆シンカーとフックのジョイント方式

次に、シンカーとフックをジョイント式にすることで、
フレキシブルな動きが可能になっています。

 

テキサスリグで根がかりする要因の一つとして、
ボトムずる引きや、リフト&フォールによって、
地形の凹凸に引っかかる事が大きいですよね。

シンカーが障害物に引っかかってるならいいんですが、
フックが引っかかってる場合は、絶望的なわけです。

 

というのも、
根がかりを外そうと、ラインにテンションかけたり、緩めたりしたとしても、
フックが障害物に刺さっている限り、

「テンションかける=悪い方向へ力を加えている」

ことになるんです。

 

ところが、この根魚玉の場合、
シンカーとフックが別の個体として存在しているので、
ラインテンションをかけても、ダイレクトにフックに伝わらないんです。

なので、根がかりが起きても、
ラインとシンカーの角度を変えてあげることで、
フックの角度も大きく変える事ができる = 生還率の向上
という訳です。

スポンサーリンク


根がかりを回避して時合を掴む!

メバリングは時合が大事です。
釣れるポイントでも時合を外すとまったく釣れません。

釣れるタイミングでも、
根がかりばかりでは釣りになりませんから。

底を感じる技量も大事ですが、
そもそも根がかりしやすいリグなのかどうかも大事です。

一度使ってみることをお勧めします!

(5)【メール便配送可】一誠(issei) 海太郎 根魚玉(ネウオダマ) [重さ:7g] /ジグヘッド/ロックフィッシュ/フラットフィッシュ/ハタ/ソイ/メバル/カサゴ/ヒラメ/マゴチ/ライトゲーム/ルアー/ワーム/フック/ネコポス可

価格:514円
(2017/12/16 13:48時点)

グッドフィッシング!

スポンサーリンク

スポンサーリンク